• ホーム
  • まつげ育毛剤として有名なルミガンは元々緑内障の点眼薬だった

まつげ育毛剤として有名なルミガンは元々緑内障の点眼薬だった

目を指している女性

現在はまつ毛育毛剤として、日本だけでなく世界中で認知されるようになったルミガンですが、元々はまつ毛育毛剤としてではなく、緑内障の治療のために使われている医薬品でした。緑内障患者がルミガンを使用しているうちに、副作用でまつ毛が伸びたという報告があり、ルミガンの販売元である会社が実験をしたところ、まつ毛が伸びる効果が実証されました。元々は医薬品であったという安全性や、販売元が効果を実証しているという点から、現在はまつ毛育毛剤として人気となりました。

他のまつ毛美容液等とは違い、もともとは緑内障治療用の医薬品であったことから、効果は確かなものですが使用にも注意が必要です。まず使用は1日1回までにしましょう。たくさん塗ればたくさん効果が得られるというわけでもないので、1回の塗布量も1滴程度で十分です。コスパを最大限に高めるためにも、使用量にも十分注意しましょう。

使用前は目の周辺が清潔な状態である必要があり、洗顔前では塗布した薬液が流れてしまう可能性もあるので、メイクを落とした後に使うのがおすすめです。またルミガンは医薬品なので、副作用もあります。その一つに色素沈着を起こす可能性があるというものがあるので、塗布は専用のアプリケーターを使って毛根のみに行うとより安全に使うことができます。専用のアプリケーターは使い捨てなので、もっとコスパをあげたいという方は、綿棒や歯間ブラシを使うとさらにお得に塗布をすることができます。そしてもし毛根以外にもルミガンがついてしまったら、必ずふき取るようにしましょう。そうすることでさらに副作用などを回避して、安全にルミガンを使用することが出来ます。

まつ育といえば上まつ毛にも下まつ毛にもしていきたいものですが、ルミガンは色素沈着や肌荒れなどを防ぐためにも、上まぶたにのみつけるのがいいとされています。上まぶたにのみ塗布しても、まばたきをしたときに下まぶたにも自然とルミガンがつくので、その程度でも効果を得ることができます。

ルミガンは元々緑内障治療用の点眼薬であり、アメリカでも承認を受けている医薬品なので、安全に使うことはできますが、よりトラブルを避けるためにも使用上の注意や使用量、副作用等には注意が必要です。それらを守ることで今までのまつ毛美容液とは比べ物にならないほどの効果を発揮してくれるので、初めて使用する前にはしっかりと注意点をおさえておきましょう。

関連記事
ルミガンをお得に購入したいなら個人輸入での通販にチャレンジ 2020年06月25日

健康的なまつ毛を育ててくれる確かな効果が得られるまつ毛育毛剤として、日本でもじわじわと人気が広がりつつあるルミガンですが、手に入れたいと思った時に気になるのがその購入方法です。ルミガンは日本では一般販売はされておらず、他のまつ毛美容液のようにドラッグストア等で購入することが出来ないため、クリニックで...

まつげ育毛剤のルミガンには価格がリーズナブルなジェネリックもある 2020年06月23日

ルミガンは現在日本でもまつ毛育毛剤として知名度が広がりつつありますが、もともとはアメリカの製薬メーカーによって開発された医薬品です。アメリカでは食品医薬品局にも認可されている正式な承認を受けた医薬品なので、誰でも安心して使うことができるのも人気の理由の一つといえます。ルミガンは有効成分であるビマトプ...

まつ毛育毛剤の1つ「ルミガン」でまつげケアした時に得られる効果とは 2020年06月21日

目元の印象を理想に近づけるために大切なアイメイクをもっとキレイにするために、まつ育をすることがとても大切になってきます。より印象的な目元を作るためにはまつ毛育毛剤を使うことが有効的ですが、最近ではたくさんのものが発売されていてどれを使っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。せっかく...